ワンバイエス ジェイカーボンネクスト

ハンドルも今まで何度か変えてきましたが、昨年からDixnaのJ-fit Everであまり不満なく走れていました。ただアルミなので振動は普通に拾いますし、グローブとの相性で手のひらが痛くなる事も何度かあったので、疲労軽減でカーボンハンドルを試してみたいとは思っていました。

ただカーボンハンドルは「落車で破損」とか「使用中に破断」など色々事例もありますし、あまり適当なブランド(中華系のコピー品とか)は怖いので避けたいです。また形状が変わると自分に合う合わないをまた評価しないといけないので、面倒くさいなーというのもあります。

そんな時に昨年のサイクルモードでブースを回っていると、東京サンエスのブースでワンバイエスのカーボンハンドルを触る機会がありました。以前から評判が良いのは知っていましたが、実物を見ると日本メーカーだけに製品クオリティも高そうですし、何より今使っているJ-fit Everは「ジェイカーボンネクスト」のアルミモデル?という位置づけなので、形状がほぼ同じです。

自分の場合夜間走行では下ハンドル下部にライトをマウントするので、ここが長い形状でないと同じ運用が出来ないですし、あちこち眺めたり握ってみても違和感ないので、これならリプレースしてもセッティングで困る事も無さそうです。ジェイカーボンシリーズの中では剛性控えめのロングライド向け?という位置づけなのも魅力的。

10161000003-l0そんな訳で昨年末からオークションウォッチを気長に始めて、何度か競り負けたりしつつもようやく入手。カーボンパーツの中古は状態がちょっと気になるところですが、特に大きなキズなどもなく商品状態は良好のようです。
ハンドル交換は大がかりな作業になるので、しばらく寝かせておいて先日のメンテナンス時にようやく取り付けました。締め付けトルク値などは調べても「適切な値で」としか情報が無かったので、STIの固定などはシマノのマニュアル値で作業しましたが、いきなり破断!という事もありませんでした(締めこむ時はかなりドキドキしましたが)
早速試走で路面の荒いところを走ってみますが、確かにハンドルから来るショックがいくらか軽減されているのが分かります。こういうガガガ…と微振動が続く道を走るのは、疲れてくると一層きつく感じるので中々良さそうです。逆にスムースな路面であればアルミとの差は分からないかも?剛性感についても今までのアルミハンドルより低下したような印象はありません。

またカーボンハンドルのトラブルとして、ステムとの相性でハンドルが前後にずれる(滑る)というのもわりとあるようなので心配していましたが、あちこちトルクをかけたりしても大丈夫のようです。元々ステムとの接合部が摩擦加工されているのも効いているのかと思います。こういう細かいところの作りは日本メーカーだけあって良く出来ていますね。

ただ一点困ったのは取り付け時には意識しなかったのですが、ケーブルガイドが正面から見て斜め後ろ側にあってかつ長めに引かれており、これに合わせるとライダー視点でケーブルが視界に入りづらくなっていています。最初は「これはすっきりしてイイ!」と思ったのですが、ハンドルスペースにライトを装着しようとすると、ケーブルがライトマウントと干渉して固定しづらいです。

特に吊り下げ式のライトは斜め後ろの角度的にもろにぶつかるので、スマートに固定するのは厳しいかも?アウターケーブル毎マウントで無理やり固定するのはあまり良くない気がするし…もう少し試行錯誤してみようと思いますが、どうもうまく解決するのは難しそうな予感がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする