Mavic Tempo(SPDシューズ)

ツーリング用としてSPDペダルとSPD-SLペダルを使い分けていますが、SPD用のシューズは最初にMavicのRUSH MAXIを中古で入手して使用していました。ペダルとの相性も良くSPDで良く言われる「点で踏む」ような印象は全くなくて、ロードとほぼ同じ感覚で使えるので重宝していました。ただMAXIモデル(標準より幅が広い)はちょっと自分の足には大きいようで、特に横幅に余裕がありすぎて足指回りの遊びが大きいのが気になっていました。

もう少しデザイン的にも気に入ったシューズに替えたいなぁ…と思っていたのですが、SPDモデルはロードモデルと違って出しているメーカーもある程度限られており、気に入ったモデルを見つけるのが難しいです。通販だとサイズに関してはある程度推測して思い切って買うしかないので、失敗した時のリスクを減らすためになるべく安くあげたいですし。

そんな訳でしばらくは海外通販サイトのシューズコーナーを眺める日々が続きましたが、ようやく某サイトでそれなりに気に入ったデザイン/合いそうなサイズ/お値段も手頃の条件を満たすシューズを見つけて早速オーダー。

15tempoMavicのTempoというモデルで、普通のナイロンソール+エルゴフィット+ラチェットベルトという仕様です。以前Mavicのロードシューズを使っていた時にエルゴフィット(ベルクロ)は長さ自体を二段階に変えられるので、多少甲高でもなんとか合わせられるのを知っていたので。
シルバーカラーはあまり見ない色合いですが、現物を見ると案外地味な感じでホワイトよりは汚れも目立たずイイかなという印象。前後のサイズはこれまでのRUSH MAXIと合わせたのでほぼ問題なさそうで、標準モデルなので幅のゆとりも大きすぎない感じです。

早速SPDクリートを移植して調整を進めますが、これが案外難しい。他のバイク関連のセッティングは結構適当でも「まぁいいか」とあまり気にしないのですが、クリート位置だけは具合の良いセッティングに落としこまないと走っていて必ずどこかに違和感が出てきます。特にクランクとシューズのクリアランス(Qファクター?)と足の向き先(角度)がどうもしっくりきません。

そもそもSPDクリートはパーツ自体が小さく、背面が凹凸加工されていてソール側に食い込んで保持力を上げる仕組みなので余計細かい調整がしづらく感じます。しばらくの間走って調整してまた走ってまた調整して…を繰り返しますが、中々良いセッティングが決まりません。自分の場合右脚が足サイズも左より大きくトルクもかけやすい分、細かい変化にも妙に敏感で苦労します。

しばらく取り組みますが途中でもう飽きてきてしまい(w まぁもうこれぐらいでイイか~というところで作業終了。あとはこの状態で実際にロングを走ってみてどうか?を試すしかないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする