BRM128 東京300(いってこい伊豆高原)

久しぶりにR東京のブルベに参加してきました。東葛地方在住だと都内西エリアのブルベはどうしても参加しづらいのですが、昨年の交流会で「300kmを早いうちに走っておくと楽です」という説明を聞いてなるほどそうかも…と思いなんとなくエントリー。

コースは全く走ったことのないエリアばかりですが、途中で「伊東マリンタウン」に立ち寄れるので(あまんちゅの聖地ポイント)ちょっと楽しみです。足湯でゆっくりする程ゆとりは無さそうですが、劇中で出てきたクッキーシューは是非食べたい。余裕があれば帰りに小田原でアジフライとか食べるのもいいかな~と思っていました。

等々力スタートに参加するのは初めてなので、お正月の休みのうちに自走で現地へ行ってみて近場の駐車場をリサーチしておきました。おかげで当日朝も迷わず無事予定通り5:20ぐらいにスタート地点に到着。寒さもほどほどで昼間は暖かくなりそうですし、天候で困ることは無さそうです。

スタート直後はまだ暗かったですが、わりとすぐに日が差してきてライトオフでも問題なく走れるようになりました。都内スタートでも早朝のおかげかクルマも少なくと走りやすい印象です。それなりに信号停止も発生しますが大体予定通りの時間(8:30ぐらい)にPC1へ到着。

往復ルートなのでここから100km先で折り返してまたここに戻ってくる事になりますが、この感じなら普通のブルベ速度で12時間後ぐらいかな?と予測します。小田原までは平坦区間が続くので、往復分で稼げれば途中でご飯食べる時間は作れるはず。

PC1を出て湘南の海岸沿いを走りますが、風もわずかに追い風?でイイ具合です。せっかく平地なのでペースあげても良かったのですが、まだ先は長いので負荷をかけないようにのんびり走ります。このあたりは富士山がよく見えてとてもキレイでした。

小田原から伊豆へ向けてR135に入って、予め当たりをつけておいたコンビニで小休止。ここでちょうど折り返しの伊豆高原通過チェックまで半分の距離になるので、他にも休憩している参加者が何人かいました。幸いイートインコーナーがあったので軽く補給してリスタート。

ここからはR135をひたすら南下して真鶴~熱海を経由して伊東へ向かいますが、なるほど確かに走りづらい。観光日和なのでクルマが多くて気を使いますし、時折大型車がすれすれを通るので何度か肝を冷やしました。また気温はそれなりに高いですが、時折海から吹き付ける風が妙に冷たいのも気になります…この感じだと戻りは日が落ちるまでに小田原までたどり着きたいところです。

ハトヤ温泉の横を通るとお目当ての伊東マリンタウンに到着です。駐車場を抜けると劇中で出てきた「太陽のステージ」が目の前に!イイ天気で良かったな~としみじみ。曇りの日に来てもイマイチ雰囲気出ないですからね。何かイベント開催していたようでとても賑やかでした。

んで次にてこぴかりが食べていたクッキーシューをいただく事に。ちょっと分かりづらいですがちゃんと「あまんちゅ!」のポスターも展示されていて「声優さんも絶賛!」と宣伝されてました。色々種類があってちょっと迷いますが、ベーシックなカスタードクリームを選択。

実物は想像してたより少し大きめ?で直径6~7cmぐらい。シュークリームの皮がクッキー風でサクサク感が強調されていて美味しいです。ちょっとしたおやつにはぴったりですね。

オタク的な目的も達して糖分補給も出来たので、折り返しまではあと少しです。この辺からいよいよ伊豆半島っぽいアップダウンが出てきてしんどくなってきますが、あまり頑張らず無理しない範囲で進みます。200kmだと100km超えれば「もう半分以上走った」とすごく気が楽になるのですが、300kmだとこの100~150kmの間がなんとなくキツイ。「まだ半分も来てない」とか考え出すと中々距離が進まなくなります。

ようやく折り返しに到着。さっきクッキーシューとか食べたせいかあまり食欲もなかったので、軽くおにぎりとか食べて目薬をさして出発。前回の千葉ブルベでこれを怠って後半大変だったので、今回はこまめにケアしてドライアイ防止に努めました(防腐剤が入ってなくて小分けできるタイプが便利)これはとても有効でした。

伊東までは下り基調?な感じでわりとすぐでしたが、R135に復帰するとちょうど夕方になって観光客が帰る時間帯のせいか往路よりもクルマが多い…わりと真面目に走ってるつもりでもペースがあがりません。暗くなるまでに小田原まで戻りたいなーと考えていましたが、結局真鶴あたりで陽が落ちてしまい一気に寒くなってきました。サイコン読みではたいして気温低くないのにやたらと風は冷たくて道はクルマで渋滞していて非常に走りづらく、このあたりが今回一番きつかったように思います。ようやく小田原にたどり着いた時はホッとしました。

予定では時間に余裕があったらご飯でも~と思っていましたが、ここまでの区間がペース上がらなかったのでどうも「お店でのんびり食事」する気分にはなれません。とはいってもまだ残りは100kmあるのでここでしっかり補給したいところです。コンビニ飯も寒いからイヤだしファーストフード的なすぐに出てくるお店はないかな?とフラフラ視線をさまよいながら走っているとちょうど吉野家が!これ幸いと迷わずに入ります。

牛丼+味噌汁+半熟たまごの定番セット。相変わらずブルベ中に食べるご飯はうまい(w しっかり補給したおかげでかなり回復したのと、夜になってクルマも減ってきてだいぶ走りやすくなりました。ホントはここでペースあげて途中落ち込んだ分を取り戻したいところですが、既に気分は「想定よりは遅れてるけどタイムアウトする程でもないし別にイイか」と完走モードに切り替わってしまい、結局23km巡航ぐらいのまったりペースで進行。

PC2には21時ぐらいに到着で貯金2時間ほど。途中聖地訪問したり食事した時間を加えれば想定どおり?ではあります。今日のコンディションだと殆どの人が通過済みなのか、あまり他の参加者もいませんでした。この先は都内に戻るためどうしても時間がかかるので、手持ちの補給食をほぼ食べきって装備を確認してリスタート。

夜になって更に冷え込んできましたが、追加の防寒アイテムは不要なレベルでちょうど良いぐらい。往路とは多少ルートが異なるのでチェックしながら進みますが、遅い時間のおかげでクルマも少なめでした。信号停止だけはどうしようもないですが…往路と同じ観覧車前を通過して川崎市街を通り抜けて最後のコンビニで無事ゴール。完走タイムは18時間半ぐらいできっちり想定どおり?でした。

1月のブルベとしては非常にコンディションが良かったので(ほぼ風もなくて寒さもほどほど)もうちょっと平坦区間で頑張ってみれば良かったかも?と思わなくもないですが、体のトラブルを起こさず最後まで走りきれたのは良かったです。他にはやっぱり途中の補給が足りてないかも…「戻りの小田原でご飯」を意識しすぎたのか、電子マネー履歴見ると途中殆ど「おにぎり1個+何か」ぐらいしか買ってない。胃腸の調子落とすのを恐れてわりとカツカツな状態で走ってるような気もします。

西東京エリアのブルベは走ったことのないルートばかりですので、都合がつけばまた参加してみたいところです。ただ自宅からクルマ往復だと首都高で都内を抜ければそんなに遠くないですが、高速道路料金がそれなりにかかります。もう少し暖かくなって早朝移動も楽になったら、安いマンガ喫茶で前泊(後泊?)する手段とかも試してみたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする