eTrex30故障(とその顛末)

年明け頃の話になりますが、お正月にT編集長の企画で「大洗で初日の出」に参加してきました。ツーリング自体は大変楽しかったですが、帰宅後自転車装備の後片付けをしていてEdge800&eTrex30のログをリセットしておこう…と電源を入れると見たことない画面が?

IMG_0034-s

ボタン操作やレバー選択の動作音はしますし、USB接続もきちんと認識しますが液晶表示がおかしくなってしまったようです。輪行で帰るため大洗駅まで走った時には正常動作していたので、原因も分かりません…これは困りました。ブルベのルート表示はこれがないと走れません(キューシートだけで走ったことない根っからGPSな人)あれこれググると内部基盤から液晶ユニットへ繋がるフレキケーブルがずれるとこの症状が起きやすいようです。

eTrexはトルクスネジでケースが閉められているので、早速ドライバーを調達してケーブル抜き差しを試してみますが残念ながら改善せず。調べるとeBayで液晶assyだけ買えるようですが、1万越えと中々イイお値段なのでちょっと踏み切れません。

さてさてどうしたものか…と他の手段を模索しますが、そもそもこのeTrex30は昨年1月(調べると1/16)に買ったものなので、メーカー保証やショップ保証とか使えるのでは?と思いつきました。購入したのはスペインのBikeinnなので保証規定を調べると「正常使用の範囲での故障は2年間」となっているようです。

メーカー(Garmin)の保証規定も一応調べてみましたが、こちらはシリアルで検索かけると「保証対象外」となってしまいます。ただ有償修理は普通に受け付けてもらえるようで、液晶異常での修理は約1万円前後の見積もりになるようです(同じ金額ならきちんと直るこちらの方が確実なので、eBayで液晶を買う気になれなかった)

とりあえず↑の写真を撮って、画像を添付してBikeinnのサポートに連絡してみました。ネットだとこのショップの評判はイマイチなのでちょっと不安でしたが、3日後ぐらいに「要求は了解した。保証規定で対応するので故障箇所の写真を送れ」との返事がきました。う~ん最初に画像送ってるんだけどなーと思いつつ、もう一度写真撮るかと再度etrexを起動すると…どうしたことか正常なロゴが表示されて、普通に起動してしまいました(!)

そんな訳で結局何もせずに復旧したことになります。画面表示がおかしかったのでてっきり液晶の故障かと思ったのですが、こうなると基盤側だったのかも?ログの蓄積とかが原因で再発すると困るので、この機会に全初期化して日本語化からやり直しました。

その後も普通に使用していますが、今のところ問題はなさそうです。この手のGPSデバイスはそれなりに高価ですし、機種ごとに運用も細かく異なっていて面倒なので(OSM地図が使えるとか日本語化とかバッテリー周りとか)使いやすいeTrex30は手放したくないところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。