オーストリッチ スマートイージーパック

今やブルベの必需品(?)な大型サドルバッグですが、自分はこれまでオルトリーブの「シートポストバッグ(M)」を使っていました。ここ最近はサドルバッグも複数のメーカーから多種多様な製品が登場していますが、このモデルはいくつかの利点がありました。

・取り付けが簡単で専用マウントでワンタッチ装着できる
・マウントを介す分サドルバッグ本体がシートポストから離れるので足に当たりにくい
・完全防水で豪雨のブルベでも中身は問題なし
・サドルバッグ自体が半フレーム構造なので荷物パッキングの考慮不要

わりと良い事ずくめ?で気に入っていたのですが、反面「大型サドルバッグに比べるとあまり物が入らない」という仕様的にどうしようもないところもあります。必要な物を詰め込むと耐加重限界の2.0Kgぎりぎりで、後少しだけウェア小物を持っていきたい時などは悩みどころでした。

「新しいモデルも気になるけどこの機種の利点も捨てがたい…」と常々思っていましたが、先日走行中にサドルバッグが脱落する事態が発生(!)この時は幸いなんとかなりましたが、マウントに差し込んでシートポストに巻き付けるベルトが変形してしまい、正常に固定出来なくなってしまいました。

構造はラッチ式でシートポストに合わせる仕組みなので、ゴムシートなどを挟み込んで径を適正位置から少し大きい位置で合わせればまだ使えない事もないですが、後ろに他の参加者が走行中の状況で再度脱落したりするとかなり危険です。そんな訳で気に入っていましたがやむなく引退させる事に…次のブルベ予定もありますので早急に新型を用意せねばなりません。

以前”Fearweather seat bag”を試してみた事があったのですが、構造上どうしても足にあたるのが気になって、結局ブルベには投入しないまま手放してしまった過去もあり「もう一度同じモデルにする?」とも思ったのですが、やっぱりマウント構造のモデルは破損のトラブルが避けられない事を考えると微妙なところです。

そんな中以前からなんとなく気になっていたアイテムがありました。輪行袋で有名なオーストリッチが開発した「スマートイージーパック」です。
アピールポイントは「インナーバッグで荷物の出し入れが簡単」「シートポストがあまり出ないバイクでも装着可能」という点になるようです。また参考展示で使われているサドルが旧アリアンテで、自分が使っているサドルと同じなのは装着イメージがとてもわかりやすいです。

これならフィッティングの問題は起きづらいのではなかろうか…と思い、思い切って購入してみる事に。ちょうど出回ったばかりの時期だったので、新規入荷商品で掲載していたショップに連絡して在庫を確保。次回ブルベまでに評価が出来るタイミングで無事手に入れました。
実際に自分のバイクに装着してみるとこんな感じ。評価として市街地往復で100km程走ってみた使用感をまとめます。

・容量はかなり増えたので多少荷物が増えてもまだまだ大丈夫
・今までに比べてペダリング時に足に当たるけど、殆ど気にならない
・ダンシング時の左右振れもそんなに感じない
・インナーバッグは荷物量が少ないなら不要(かも)

ペダリングの足当たりについてですが、出来るだけ前側が荷物で左右に膨らまずかつ前後に圧縮がかけられるように、発泡スチロールを加工してシェルとして先端に詰めています。これが多少効果があるのか今までに比べると足には当たりますが、気になる程ではありません。足が当たる場所(前側)を手で触ると横方向にへこむので、たぶんこの構造でストレスになりづらいのかと思います。

固定についてはシートポストに巻き付けるベルクロが幅広く大きい事と、同じサドルという事もあるのかレール側の固定ベルトが良い位置になるので、思ったよりもずっとがっちり装着出来ます。サドルを持って左右に動かしてみても殆どバッグが「振れている」ように見えません。一点挙げるなら固定ベルトのバックルがわりと大きめで、サドルレールをくぐらせる時にややコツが必要です。このあたりレールやヤグラの構造が薄いサドルだとネックになるかもしれません。

インナーバッグは荷物が取り出しやすいように前側だけファスナー構造になっています。ただ荷物量がこれぐらいであれば無くても問題なさそうに思いました。ロングツーリングなどで容量上限に近いぐらいまで詰め込むのであれば都合良いかもしれませんが、今のところは出番ないかな…ちなみに素人計測ですが重量データを載せておきます。

サドルバッグ本体:410g
インナーバッグ:100g

実際のロングライドでの使用感については、次回のブルベで追加レポートしてみたいと思います。

追記:BRM901白馬・木崎湖300では3時間ほど本降りコンディションでの雨中走行がありましたが、雨が止んだ後で確認すると中の荷物はいずれもしっとりと湿気を含んでいて、多少ながら水滴が付着した状態になったものもありました。予備電池や着替えなど濡れては困る物に対しては個別の防水対策が必須になるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sasayama より:

    記事ありがとうございます。オーストリッチスマートイージーパック興味あるのですが、防水性は充分ありそうでしょうか。

    • niea8265g より:

      バックに使われている素材は撥水加工っぽいので軽い雨や水跳ね程度であれば大丈夫かと思います(BRM527では小雨の中しばらく走りましたが特に問題なし)ただ縫い合わせている箇所は特に防水シーリングされている様子はないので、本降りでの雨中走行なら恐らく中まで浸水してしまうのではないかと思います。一般的なサドルバッグと同様に濡らしたくない荷物はジップロックで小分けして格納する手法が必要です。

      商品コンセプト的に「どんなセッティングのバイクでも確実に装着できて、簡単に荷物の出し入れが出来る」事がメインで設計されているようなので、防水性についてはそれなりに考慮されていますが完璧ではない…という印象です。

      • 匿名 より:

        ありがとうございます、参考になります。
        オルトリーブほどの防水性は期待できないようですね。

        • niea8265g より:

          防水性能を重視するのであれば(シートポスト長など取り付け条件にシビアでなければ)オルトリーブ製など定評のあるモデルを選択した方が無難かと思います。最近は他メーカーからも完全防水のモデルがちらほら出ているようですが。