ワルキューレは裏切らない

マクロスΔの音楽ユニット「ワルキューレ」の3rdライブに行ってきました。とにかく最高でした…翌日は久しぶりに「魂を持っていかれて現実に戻れない」感覚を思い出す事に。

元々マクロスΔの本放送はきちんと見てはいましたが、当時はさほどワルキューレにはハマっていませんでした(声優さんは好きだけど)きっかけは昨年の2ndライブ終了後「すごい」「これで終わりなのがもったいない」など軒並み高評価だったので、ライブのBlu-ray発売後に見てみたらこれはホントにスゴイ!歌唱力もダンスも想像を遥かに超えたパフォーマンス。

「これはもし次回があるなら行きたいなー」と思っていたところ、昨年に劇場版新作と3rdライブ開催の発表がありました。この時にすぐ申し込みスケジュールなどをチェックしていれば良かったのですが、なんとなく「まだ先だから…」と思っていたらあっという間に事前抽選の期間終了。行きたいけどオークションで買うのは抵抗ある~と悩んでいたところ「キャンセル分とステージサイドの一般販売あり」の情報が。

平日の12:00受付開始でしたが、幸い業務調整はかなり自由にできる環境なので予定時刻にスタンバイ。最初は申し込みページから全く先に進めずひたすらリトライを繰り返しましたが、12:20分ぐらいから徐々に日付/枚数選択まで進めるようになって、12:30頃に無事2日目(2/25)のチケットを確保できました。最終申し込みボタンを押す時にはさすがに手が震えました(w

今回ステージサイド席という事であまり良く見えないかも…と不安でしたが、確かにステージを真横から見るのでダンスのフォーメーションなどはやっぱりよく分からないところがありました(これは後から円盤が出たら復習)ただメンバーがステージ端まで来るとほぼ目の前!だったりするので、距離が近いのはすごく良かったです。

SNSで情報収集すると1日目のゲストがMay’nだったそうで、マクロスFではシェリル推しだった自分としてはちょっぴり悔しかったりしますが、2日目のゲストは中島愛でランカ&フレイアでの星間飛行と、ソロでのアナタノオト(Fの最終話を思い出す)更に6人での不確定性☆COSMIC MOVEMENTが聴けて嬉しかったです(この曲はランカのイメージにも合ってる気がする)

MCでもメンバーが話していましたが結構前から練習が出来た?らしく、パフォーマンスにも余裕が感じられました。前回は「これで終わりかもしれない」という悲壮感がやっぱりあったのですが、今回は明るく楽しく最後まで駆け抜けた!という印象。この終わり方だと次回ライブの機会もありそうな気がします…横浜アリーナぐらいなら気合でチケット取れば気軽に参加できますが、ツアーとか開催されたらもう遠征するしかないですね(w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする