BRM516 千葉600 もてぎクラシック Part1

400kmを無事完走できたので、SR達成を目指して600kmに挑戦する事になります。今年はPBP開催もあって早めに各所で600kmブルベが開催されていますが、コース的にいちばん馴染みのあるAJ千葉のもてぎクラシックに参加することにしました。千葉山中のアップダウン区間はあまり得意じゃないので、ここを一日目にもってきて二日目は茨城など土地勘のあるエリアになる反時計周りを選択。

袖ヶ浦は自宅から結構あるので、6時スタートで当日のクルマ移動だとかなり早起きしないといけないから~と前泊する事にしたのですが、近場の安宿はどこも全然空きがなくて一苦労(近くの工場建設?での関係者が大量に押さえてるとか)なんとか適当なところを見つけたのですが、場所が内房線の線路すぐ横で…たまに通過する電車の音がとてもうるさくて中々寝付けませんでした。

f0169807_23580508

天気予報では雨は軽く降るかも?との事でしたが、朝起きるとしっかり降ってます。スタート地点に移動してレインウェアなど出走準備をしてるとあっという間にブリーフィング開始です。

今回の戦略としては途中の330km地点に宿を確保しているので、ここで次のPCのクローズぎりぎりまで仮眠をとる事です。走行計画通りに進行できれば0時到着で3時間ぐらいは寝る時間を作れそうですが、果たして何時に着けるか?

車検直前でMicroUSBのケーブルを忘れた事に気づいて、スタート後クルマから回収したりしているとだいぶ後ろになってしまったようですが、雨の中だとそうペースもあがらないのでマイペースで進みます。雨はかなり本降りですが寒くはないので、濡れるけど指きりグローブのまま走れる感じです。PC1に8:30着で30分の貯金。

まだ先は長いのでさっさと出発しますが、もみじロードに入ったあたりから雨が強くなってきました。軽い坂などでは路面に河ができているところもあって慎重に走らざるをえません。またレインパンツが微妙にサイズあってないのか、なんとなく足を回す時に抵抗になっている気がして早くも膝に違和感が出てきました。うーんまだ100kmも来てないのに~と憂鬱な気分になりつつも、PC2に11:10着で50分の貯金。

ちょっと長めにトイレで準備整えたりして外に出ると、他の参加者の方は誰もいません(!)この雰囲気は去年DNFした300kmブルベに似てるなぁ?とイヤな記憶を思い出しつつ走行開始。膝の違和感は収まらないし雨でちょっと寒気もしてきた~と気持ちも落ち込むばかりでしたが、鴨川の市街に入ったあたりでようやく雨も止んでくれました。鴨川有料道路の登り区間に入る前にレインウェア一式を脱いでアンダーウェアを着替えて再出発。気分も軽くなってPC3に14:20着で60分の貯金。

三石山の登りもサクッとこなして、房総のアップダウンを東へ進みます。途中で涼しくなってきたので半袖のアンダーウェアを長袖に替えたりしてPC4に17:30着で80分の貯金。ここまで約200kmですが雨が止んでくれたのでだいぶ調子も戻ってきました。ウェア類はほぼ乾きましたがシューズ周りはまだ濡れたままなので、ソックスを履き替えて念のためビニール袋でカバーして出発。

次のPCまでは区間距離がちょっと長いので、途中の道の駅で休憩を挟むつもりです。九十九里ビーチラインから芝山はにわ道に入ったあたりで暗くなってきたのでライト点灯。前回の400での使用感から中華ライトのスイッチ関連に対策を施しておきましたが、おかげで今回は特に問題ありませんでした。雨で水没してないかな?と多少不安でしたが案外平気のようです。PC5に21:20着で110分の貯金。

ちょっと目標の走行計画から遅れてきたのでペースを上げたいところですが、250kmを越えてしんどくなってきたので中々そうもいきません。夜になっても気温はあまり下がらず寒くないのは助かりますが…そして霞ヶ浦のあたりから時計回りでの参加者とすれ違うようになりました。折り返しなブルベだとすれ違うことはあっても「速いなー」と羨望の眼差しで見送るしかないのですが、コースは違うけど同じゴールを目指して走る仲間が居る!と勇気づけられます。ベルを鳴らしてエール交換しつつPC6に0:10着で150分の貯金。

ここまで310kmを走行し、宿までは残り約18kmです。目標時間より30分ほど遅れてますが宿には1:00に無事到着し、お風呂や翌日の準備などしてから2時間ほど寝て3:30に起床し、4:00に再スタートする事にしました。時間的な余裕を作るならもう少し早く起きた方が良いのですが「せっかく宿確保したのだから次のPCクローズぎりぎりまで寝たい」という気持ちが上回っていました。そして時間的なリスクについてはこの時点では何も気づいていなかったのです(w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする