シールド付きヘルメットを試してみる(GVR G-307V)

最近はやりのシールド付きヘルメットを買ってみました。エアロ効果よりも冬ブルベなどで風除けとして使えれば…というのが目的です。

自分はアイウェアはrudy projectのRYDONを使っていて、これは軽くて視界も広くて気に入っていますが風の巻き込みが結構あって、冬場の長時間ライドでは冷たい風で目をやられてドライアイで視界が霞んでくるような事が時折あります。わりと深刻な問題なので目薬などを併用して対策はしていたのですが、根本的な解決には風そのものを防ぐしかありません。

ただアイウェア買い替えは度入りレンズも新調しないといけないので、中々厳しいです。そんな訳でシールド付きヘルメットはちょっと気になっていましたが、OGKなど有名ブランドの製品だとそこそこイイお値段。そんなところネットで情報を漁っていると出てきたのがこの製品でした。価格的には他ブランドの半分ぐらいなので試してみる事に。

届いた実物を見てみると、シールド自体はかなり厚みのあるポリカーボネートで強度もあります。固定はマグネットですがこれも案外きっちり固定できるので中々良さそうです。ただ肝心のヘルメット自体の性能はやはり値段なりかなーという印象で、かぶった時のフィット感は浅めでKASKなどに比べると物足りないです。クーリングもそもそも内部パッドが通気口に重なるようなデザインなので期待しない方が良さそう。

ちょい乗り程度だと風除けの効果が分からないので、先日のブルベで初投入してみました。途中斜め横から風を受けて走るような状況がしばらく続きましたが、こういうシーンだとうまく風を防げないようでやっぱり片目だけ軽く霞む症状が出ました。ただ後半は弱いながらもずっと向かい風のようなコンディションで、このように風を正面から受けるケースであればきちんと流してくれており、以後は目の症状が悪化する事はありませんでした。

まとめると「風除けとしての効果はしっかりあるが、正面以外からの風に対してはだいぶ効率が落ちる」というところでしょうか。巻き込みでの目の負担軽減についてもある程度対策にはなりますが、走るときに風向きは選べないのでこれで万全とはならないかと思います。自分の用途としてはクーリングの不安もあるので冬場専用のヘルメットという使い方になりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする