乾くるみ「セカンド・ラブ」

うわーこんなに読後感悪い作品に当たったのは久しぶりかも…最後のひっくり返し方が壮絶すぎる。ラストシーンの展開からしてこれ絶対主人公死んでるよな(たぶん自殺?)すごいお話だとは思うけど、もう一度読みたいとはちょっと思わない。

この作者はこーいう「恋愛ミステリ」よりも、普通の作品の方が雰囲気も明るくて読みやすくて好きなんだけど。やっぱり「イニシエーション・ラブ」が評判良かったからこういう系を要望されてるのかな?男性視点だと「とにかくヒロインが最低で酷い女」にしか見えないんだけど、女性視点だとまた違うんだろうか…ちょっと気になるところかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする