Ridley Fenix SLX Disc (購入検討編)

そんな訳でフレーム破損によりRM03に乗れなくなってしまったので、急遽新しい自転車を用意せねばなりません。とは言えあまり「これいいな~」と思うモデルも無かったので難航しました。

とりあえず前提として「ロングライド向き」と評価されているモデルは除外して、ある程度オールラウンドな性格を重視する事にしました。理由はRM03のレビューにも書いてますが、自分の好みだとハンドリングの軽快感を案外重視するので、ホイールベース長めで安定感を…というモデルだとまた近い乗り味で合わないのでは?という推測からです。

購入候補にしたのはこれぐらいです(すべてディスクブレーキモデル)

  • BMC TeamMachine SLR
    • RoadMachineは残念ながらフィーリングが合いませんでしたが「ロングライド向け」として設計の素晴らしさは分かっていたので、同メーカーでのレーシングモデルはどんな感じだろう?と一番気になる存在。
    • ただし購入検討するには時期が悪く既に完売なモデルが殆ど。しかも完成車はコンポ構成とフレームカラーの組み合わせに選択の余地がなく、自分の好きなカラーだとかなりのお値段…そんな訳で断念。
  • Ridley Fenix SL Disc
    • 以前乗っていたモデル(EXCALIBUR)の乗り味はとても気に入っていて、その後継機種的な立ち位置なので、恐らくフィーリングも似てるのでは?
    • 国内限定のグライペルフューチャーモデルがかなり値引きされていて、予算的には問題なかったのですが…結局のところ最後までデザインがしっくりこなくて購入に至らず。サイドから見ると白/黒でシンプルに良さそうなんですが、走る時にずっと目に入るトップチューブ上部のデザインがごちゃごちゃしていてうるさそうな感じ。
  • Ridley Helium SLX Disc
    • 実機を見てデザインはかなり気に入りました(グレーが渋い)最新モデルですが何故かそれなりの値引きだったのでなんとか予算内。
    • 完全内装なのでオイルラインやシフトワイヤをステム内部に通す為に、対応したハンドル(ステムとの固定位置に穴があること)が必要。今使っているワンバイエスのハンドルはとても気に入っていて、これを変えたくなかったので仕方なく見送り。
  • Focus IZALCO RACE Disc
    • ホワイトにライトブルー/レッドの差し色が控えめで、シンプルなデザインは好み。上位モデル(IZALCO MAX)に比べて地味すぎるのか値引きも高め。
    • わりと購入直前ぐらいまで行ったのですが、自分に合うサイズがぎりぎりで売れてしまい候補から外れる事に。
  • Cervelo R3 Disc
    • 海外サイトで限定カラー(ちょっと変わった色)が投げ売りされていて、かなり安かった。デザインもシンプルで悪くない。
    • 友人が乗っているのでメーカーが被るのがやっぱり気になった(他人が合わせるのは全然気にならないけど、自分から合わせに行くのはなんだか気が引ける)

こんな具合で2月中はひたすらレビューサイトやショップ情報などを漁っていましたが、上に挙げたモデルだとどれも決め手に欠けていて…もう検討するのも面倒になってきたなぁと思い始めた頃に、フレームカラーが地味で候補外だったモデルがセール品としてかなりの値引きで販売されているのを発見。

  • Ridley Fenix SLX Disc
    • Fenix SLを軽量化、高剛性化
    • オールラウンドフレームだが、エンデュランスモデル並みの快適性

メーカーアピールの内容にはやや疑わしいところもありますが、方向性は自分の希望とピッタリです。海外でのレビューを探すと軽量化故の反応の良さ、登り性能などは高く評価されています。反面剛性については「硬すぎる」「ロングライドには向かない」「カーボンハンドルは必須」などネガティブな評価の方が多めでしたが、振動吸収に優れたカーボンハンドルを使ってますし、タイヤも30cまで入るのでチューブレスタイヤを使えばカバー出来るのでは?と考えました。

セール品とはいえ自分が買った自転車パーツの中ではこれまでの最高額でしたが(w これ以上探している時間もないので踏ん切りをつけて購入。組み立てはRM03のコンポ載せ替えを予定していたショップに再度フレーム+パーツ類を持ち込んで、改めて作業依頼。フレームは一般的なヘッドチューブからの内装モデルで、特に変な仕様もないので通常作業で問題なさそう。後は組み立て完了を待つだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする