アルプスあずみのセンチュリーライド(後だし準備編)

イベント参加前には色々準備が必要です。特に今回は事前車検がありましたので。

f0169807_22304772タイヤは乗り始めた当初からコンチネンタルのGP4000Sという超定番タイヤを使っていました。距離も3000kmを越えてきてグリップ感の低下などは特に感じませんでしたが(まだスリップサインも出ていない)ビードのワイヤーがほつれてくるようになったので、これはそろそろ交換かな…と次期タイヤを物色。

GP4000Sで特に不満は無かったのですが、どうせなら違うメーカーに~と色々インプレを読んだ末にヴィットリアのOPEN CORSA CXを選択。扱ってるところも少なかったのであちこち探し回りましたが、なんとかお手頃価格で入手。ホントは普通にブラックカラーが良かったのですが、ブルーモデルだと即納でいくらか安かったので。

届いてみると案外鮮烈な青でビビりましたが、色があるのはグリップ面なので走るとあっという間にくすんでしまい遠目には全然分かりません。近くで見るとようやく分かるぐらい控えめなのでこれはこれで気に入っています。全体的に柔らかめな印象で乗りやすいですが、最初は走り出しが重く感じたのでGP4000Sの時より0.5bar程上げると同じぐらいのフィーリングです。有利なのはタイヤがすごくはめやすいことでしょうか(w あまりにあっさり組めるので拍子抜けしましたが、これなら遠出してパンクしても安心ですね。

f0169807_22573934もう一つ調達したのがスポーツ用のアイウェア。今までZoff Athleteを使っていましたが、長時間での目の疲れや風の巻き込みなどでどうしても不満があったので、思い切って専門店で購入。モデルはRUDY PROJECTのRYDONにしました。フレームデザインはかなーり迷いましたが、細めの方が軽くてスマートかな…と。また度入りのレンズは元々そんなに安くないので、どうせならと調光モデルを選択。

AACRが初の実戦投入になりましたが、もう目の疲れが全然違います!自分は元々まぶしさには強い方ですが(サングラスとか全然使わない)調光は見やすくてイイですね。フィッティングもまったく問題ないし、下りで上目遣いになってもフレームが視線と重ならないのが素晴らしい。こういう直接身に着けて使う物はお金かけるとさすがに違うな~大事に使いたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする