ブレーキローター&ブレーキパッド交換

ブレーキローターは完成車標準でSM-RT54が装着されていましたが、ルックス的にロードバイクには似合わない?印象だったのですぐにSM-RT81に交換していました。制動力に不満は無かったですが、中古入手したのでローターの歪みが修正しきれず下りでローターが過熱すると頻繁にパッドと接触するのがわりと気になっていました。

ブレーキパッドも元試乗車なので結構減っていたので、どうせなら一気にどちらも交換したいなーと思っていたところオークションでSM-RT70(105グレード)の完成車外し品(実走未使用)が安価で出品されており、同じタイミングで冷却フィン付きのブレーキパッド(これも使用歴少なめ)が出品されていたのでまとめて落札する事に。

交換作業自体は簡単ですが、ブレーキキャリパーのセンター調整はちょっと面倒です。理屈上はピストンを押し込んでからパッドを装着して、ブレーキレバーを握り込んだ位置で固定すればセンター位置…のはずですが、どうも微妙にずれます。結局目視でクリアランスを見て調整しました。

交換後ブレーキのフィーリングで特に変わった感じはありませんが、パッドとの接触は無くなったように思います。もう少し効き具合が強くなると好みなのですが…ブレーキオイルでも交換してみようかな。RS505の油圧セットはブレーキホースのグレードが低いので(SM-BH59)現行コンポのグレード(SM-BH90)に換えてみるのも良いかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする