SHIMANO PRO DISCOVERシリーズ

グラベルロードに合わせてサドルバッグ類を新調しました。といってもヤフオクで中古セットが放出されていたので「合わなくてもイイかな」ぐらいのフィーリングです。取り付けの相性は自分のバイクと合わせてみないと分からないので。

シマノの「PRO DISCOVER グラベルシートバッグ」です。15Lの大容量でバッグ自体の生地も厚く頑丈、この画像だと見えませんがシートポストとの接合部はバッグとの間にウレタンパッドを挟む構造になっていて、揺れ対策と接合部の密着を高める効果があるようです。

とは言ってもこの大きさで荷物を積むとバッグだけで揺れを抑え込むのは難しいので、別途ミノウラの「シートバッグスタビライザー」を組み合わせています。多少重量は増えますが効果は絶大で、3kg越えのバッグを着けていても普通にダンシングでバイクを振ることも出来ます。スタビライザーを付けた状態で輪行する事も可能です(ちょっと背が高くなるので、輪行袋は大きめを推奨)

ここまではわりと褒めてますが、このバッグの不満はシートレールを通すサイドベルトの構造です。この手のバッグはサイドベルトをゆるめて(長くして)おいていったんバックルをはめてから、余ったベルトを引っ張って縮めてテンションをかける…という装着方法が一般的だと思うのですが、このバッグは「はめてからベルトを引っ張って縮める」というやり方がとてもやりづらいです。

バックルのベルト構造を見ると他のサドルバッグとあまり変わらないのですが、何故かうまく引っ張って縮めるのが難しくて、外した状態で長さを調節しバッグ自体をサドルに近づくよう片手で下から持ち上げつつ、もう片方の手でうまくバックルをはめる…という面倒な作業を左右交互に何度か繰り返さないとベルトが最短に出来ない感じです。装着さえ出来れば問題ないですが。

【追記】サイドベルトの締め上げがやりづらい~と入手した当初は不満に思っていましたが、端のベルクロでベルト自体が折り返し構造になっているのを外すだけで、他のサドルバッグと同じやり方で装着出来ました。ここは構造的には外した状態で引っ張って締め上げて、余りの部分がバタつかないようにベルクロでベルト自身に折り返す形で巻き付ける…というのが正しい装着方法のようです。

同ブランドの「ハンドルバーバッグ」です。これも同様にハンドルとの接合部にウレタンパッドが挟まっていて、多少装着しやすく?なっています。オリジナルのバッグ本体はちょっと大きすぎて重量過多な感じだったので、別途モンベルの軽量なスタッフバッグを本体にしてホルダーユニットと組み合わせています。

これはもう構造上の宿命のようなものですが、ハンドルバーバッグは適当に装着すると走行振動などで垂れ下がってきて、タイヤに接触し悲しい事になります。なのでなるべく上方に持ち上げたい…のですが、背面部の固定用ベルクロテープの位置がイマイチです。設計上はトップチューブに回して垂れ下がり防止になるはずですが、シフトワイヤーなどが邪魔してキレイにまとまりません。

この画像では見えませんが、背面ベルクロテープはかなり長さがあるので無理やりハンドルまで持ち上げて後ろから吊り上げる?みたいな着け方をしています。これでタイヤとのクリアランスはそこそこ確保出来てますが、やはり心配です。構造上はフロントから引っ張った方が効果あるはずなので、サイコンのところを利用して何らかの垂れ下がり防止策が出来ないかな?と考えています。

総評では満点!というわけにはいかないですが、概ね使い勝手は悪くなさそうです。同ブランドでフレームバッグとトップチューブバッグもありますが、フレームバッグは自分のフレームサイズだと恐らく入らないので見送りました。トップチューブバッグはネジ止め対応で是非欲しいのですが、何故か品薄なので気長に探してみるつもりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする