スピード&ケイデンスセンサー位置変更

f0169807_22515789プロ選手のレースレポートとかを雑誌で眺めてると、センサーユニットをチェーンステー下部にぶら下げてる形でマウントしてる例を発見。ををこれはちょっとカッコ良くない?と思って早速真似してみました。

ついでに最近になって外れかかってたケイデンスセンサーも、あちこちのブログで紹介されている強力磁石をペダル軸に直接貼るやり方に変更。ホームセンターで買ってきた適当な磁石を二段重ねにして高さを稼げばちゃんと反応してくれます。万が一何かにひっかかったりしたら簡単にもげそうですが、6個1セットで購入したから元々予備はあるので気にしない方向で。ちょっと走った限りでは砂鉄の付着とかも全然大丈夫です。

エクスカリバーのチェーンステーがもっと細ければ、スピードセンサーのアーム部分を内側に折りたたむ形でよりコンパクトにマウントできたのですが…こればっかりはどう試行錯誤しても難しかったのでこの形でひとまず完了。見た目上は結構すっきりしてイイ感じ?後輪を外してから装着する時にちょっとセンサーアームがひっかかりやすいですが、これも気をつければたぶん平気。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする